Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第八回避難者こども健康相談会きょうと

震災により京都に避難されているお子さんとそのご家族を対象に健康相談会を開催します。
低線量被ばくの危険性にも理解のある小児科医が避難者家族に向き合い、じっくりと30分間健康相談を受けます。「内部被曝からいのちを守る健康ノート」をお配りしています(購入の場合800円)。
午後は一般の方も参加できる講演会等も行っております(午後の予約は不要)。

【日時】2016年11月27日(日)

【対象】福島県および東日本から避難されたお子様

医療受診が必要と判断された場合にはお一人につき3,000円の医療費補助を行います。
お茶コーナー、アロマハンドマッサージ、託児コーナーもございますのでご利用ください。
【内容】[10:00~12:00 ]
医師による健康相談(無料・事前申込制 先着20 家族)

[13:30~15:30 ] 
医療問題研究会講演予定(参加費一般700円・サポーター会員 500 円・避難者無料)

【会場】京都文教大学内 (宇治市槇島町千足 80 恵光館1F食堂)

※日曜日はスクールバスは出ておりません。近鉄向島駅から徒歩15分。
公共交通機関をご利用頂くか、車でお越しの際はその旨ご連絡ください。
近鉄向島駅、観月橋近隣から大学近隣に停車するバスもあります。

【お申込】 11/20(日)までに以下申込専用メールフォーム又はお電話でお申込下さい。
   http://form1.fc2.com/form/?id=864734  
メール kenkousoudankai.k@outlook.jp
ブログ http://kenkousoudankaikyoto.blog.fc2.com/

【お問合せ】 避難者こども健康相談会きょうと事務局 08060343107(齋藤)
【主催】 避難者こども健康相談会きょうと
【協力】京都文教大学

8相談会チラシ



査読付きの国際的医学雑誌「Medicine ®」に論文掲載
「周産期死亡率が、福島とその近隣5県で原発事故から10か月後より、急に15.6%増加」

順調に減少していた周産期死亡(妊娠22週から生後1週までの死亡)率が、放射線被曝が強い福島とその近隣5県で2011年3月の事故から10か月後より、急に15.6%(人数としては約3年間で165人)も増加し、そのまま2014年末まで推移しています。
また、被曝が中間的な強さの千葉・東京・埼玉でも6.8%(153人)増加、これらの地域を除く全国では増加していませんでした。これは、チェルノブイリ後に、ドイツなどで観察された結果と同様です。 (「医療問題研究会」HPから抜粋)

◇セミナー
「福島県を含む汚染都県における周産期死亡の増加について」 
[医療問題研究会Dr(論文共著者)]

◇お話会
「福島の最近の様子」
[避難後、福島に帰郷された原発事故被災者のお話](予定)
2016年11月27日(日)13:30~15:30                         

【参加費】一般 700 円・サポーター会員500円・避難者無料

【会場】 京都文教大学内(恵光館1F)[宇治市槇島町千足80]
※日曜日はスクールバスは出ておりません。
公共交通機関をご利用ください。近鉄向島駅から徒歩15分。
近鉄向島駅、観月橋近隣から大学近隣に停車するバスもあります。

【お問合せ】 避難者こども健康相談会きょうと事務局 090-3627-2925(神田)
【主催】 避難者こども健康相談会きょうと          
【協力】 京都文教大学 学生課

8回相談会セミナー
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。